勝手御免のアニメ独善批評!

    アニメにハマったおっさんが勝手で独善的なアニメの感想を垂れ流しちゃいます
     
     
    バンダイチャンネル【月額1,000円で見放題!!】
    月額見放題1,000円開始キャンペーンバナー(画像ありver)
    気軽に家でお買い物【送料無料!】
    最新記事
    月別アーカイブ
    PR
    アニメからグッズまで探し物が見つかる!
    §ワーナーマイカルシネマで視れるアニメ映画をチェック§
    話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
    『e席リザーブ』を使えばインターネットから映画も座席も予約が出来る!見たい映画がすぐに予約できる優れシステムを使わない手はないよ!!おやぢも何度も利用してます。クレジットカードでの決済もできて本当に便利。

    【上映アニメ:2011年10月24日現在】
    上映劇場は要チェックだよ。
    とある飛空士への追憶
    コクリコ坂から
    ・劇場版テニスの王子様 英国式庭球城決戦!
    【上映予定アニメ】
    ・11/5 トワノクオン 第五章 双絶の来復
    ・11/13 「TIGER&BUNNY」HERO AWARDS 2011
    ・11/26 トワノクオン 第六章 永久の久遠
    ・12/3 けいおん!
    関西最高のテーマパーク!年間パスで何度でも楽しもう!!
    ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)


    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    アニメイトオンラインショップ
    三井住友カード

    僕は友達が少ない 6話視聴感想 面白いんだけれども、もう少し入り組んだ関係を今後は期待するかな 

    僕は友達が少ないの第6話「カラオケボックスは客が少ない(つд⊂)」である。

    ふと小鷹の記憶によみがえる昔の風景…
    親友と約束した大切なことを伝えたいという気持ち、引越しのことも伝えられずに別れてしまった子供のころの記憶…

    一学期の終わり、相変わらず面子が集まっている隣人部だが、部活と称して始めたものの、誰一人として友達をつくれていないのであった(笑)

    では、一学期に何をしていたかといえば…ほとんどゲーム。
    星奈が悪いとは思うんだけどねぇ、持ち込んでばかりだし…

    そこで星奈は、カラオケに行ったことがあるかと唐突に。
    小鷹は中学生の時に何度か、夜空はエア友達と一人カラオケ、理科も行ったことがないので一緒に行きたいと、幸村も行ってみたいと。
    星奈は負け惜しみで、そんなところに行きたくないと!

    そこで、夜空が音頭を取って、翌日行きつけのカラオケ屋に行くことに。
    仲間外れにされる星奈(笑)
    あわてて、自分も行きたいと夜空にお願いするが、夜空のドSっぷりにいじめられて(笑)
    相変わらず、一対一なら夜空のほうが強いねぇ。
    それでみんなで行くことに。

    そして、夜空の行きつけ「深淵からの呼び声」へ、ってなんて店だ。
    小鳩は気に入りそうね(笑)
    暑い中、小鳩のゴスロリは可愛いけど大変そう…

    6人で入ろうとすると…
    一人ひとりの課金に文句と疑問を呈する夜空。
    珍しく星奈も合意を。
    そこで、二人は一人一人で入ることに。

    だが、小鷹ら4人は一緒に。
    切ない顔をする夜空と星奈、お馬鹿ちゃん♪

    そんでカラオケ、小鷹結構歌うまい。
    理科のラブマイクフィニッシュ…ねぇ。
    小鳩の「それゆけゲルニカちゃん」はフルで聞きたかった!!

    寂しげな、個室の二人組は偶然にも同じ曲を同時に入力。
    別々の部屋でハモルなんてなんて仲がいいのか、基本悪い二人じゃないんだけどね(笑)
    結局、二人は別々の部屋にいながら、点数が出る勝負を延々としていたらしい…

    カラオケも終わり帰り道、夏休みが終わるまで会えないかと思いきや、隣人部は夏休みもやります!!
    夏こそ本番、友達ができたときの練習を積むそうで…
    みんな十分友達だって気づけよ(笑)

    それで帰り道、いつもの通り喧嘩をする夜空と星奈。
    結局言い負けて捨て台詞をはいて走り逃げる星奈だが…
    途中戻ってきて、小鷹に「父親に会いに来るならいつでもいい」と。
    そうだったね、親同士が知り合いであいさつ従ってたね、小鷹。

    それを聞いた夜空は!!
    当然平静ではいられずに、理由を問い詰めるが。
    星奈の理由は黙っててということを「編入学を取り計らったと思われる」と勘違いした小鷹。
    それでも気になる夜空であった。
    終わりは星奈優位で終わったねぇ(笑)
    珍しいこともあるもんで。

    さて今回は、小鷹の幼少のころの記憶が少しずつ蘇って?きているのかな。
    今後も何かのきっかけで夜空の記憶が戻るかもしれない…かもしれないので、どうなるかは見物ですね。

    ともあれ、面白いんだけれども、なぜかちょっと薄く感じるのが残念なのです。
    夜空と星奈の言い合いも、結局星奈の捨て台詞で終わっちゃうので、もうちょっと夜空に逆襲をしていってほしいな。
    夜空天下だけでは面白くないしね。
    ともあれ、次回も楽しみにしています♪

    次回は「携帯電話は着信がくすない」である。
    アニメイトオンラインショップ
    三井住友カード

    ちはやふる 6話 視聴感想 新たなメンバー加入!それは千早に新たなかるたの見方を教えてくれる出来事でもあった 

    ちはやふるの第6話「けふここのへににほひぬるかな」である。

    千早と太一は、かるた部を作ることを決心した前回から…
    なんとかあいている部屋を確保することができた千早は、畳を太一と搬入する。
    その姿は、周りからとても奇異にみられる。

    「無駄美人」の千早と「学年トップ」の太一、このコンビの無駄部ということでうわさに。

    そんなかるた部募集を見つめる女の子。
    大江奏は弓道部に所属しているものの、あまり運動は得意じゃないらしく、彼女の真の目的は着物を着ること。
    気になった奏はかるた部を覗きに行くが…

    そこでは、千早と太一が勝負をしていた。
    その激しさは、奏の想像を超えたものだった…
    優雅な宮中の遊びをイメージしていたら、もはやこれまでみてきた競技かるたとの落差にびっくりするだろう。
    それは、ある意味このアニメを見ている自分たちと同じ驚きを奏は味わったのだ。

    覗きに来たのを千早に見つかって…
    でもイメージとまったく違う競技かるたに戸惑う奏。
    百人一首の成り立ちなどを語り、そして着物についても熱い思いを千早にぶつけるが…
    方向性の違いに戸惑う千早と太一。

    奏の実家は呉服屋らしく、それで着物には並々ならぬ愛着があるらしい。
    競技かるたでは着物を着ないし、優雅でもないことに対しむしろ自分から離れて行ってしまった。

    千早は諦めることができず、奏を追い回す(笑)
    でも、なかなか話すら聞いてもらえずに…

    奏の実家にまで突撃する千早。
    本当に「これっ!!」て決めると周りが見えない性格だよねぇ。
    綺麗な着物を見て、なかでも赤い紅葉の着物を見て、自分の好きな歌「ちはやぶる~」がイメージできるというが…
    そこで奏は、「ちはやぶる~」について千早の知っていた一般的な解釈とは見方を変えた解釈を披露する。
    それは、熱烈な恋の歌だという…

    それを聞いた千早は、目からうろこ!
    ほかの歌についても、奏に解釈を聞くこと百首(笑)
    でも、誰よりも熱心に楽しそうに聞く千早に奏は心動かされ始めたようだ。

    そして次の日、太一と対戦する千早は、奏から聞いた一首一首の色や風景が浮かび、これまで以上の強さを見せる。
    じつは、先日の太一との勝負のなかで、一点弱点を指摘されていた。
    それは、耳のよさに頼るばかりに、最初の札場所を暗記することを少し蔑ろにしているということだった。
    千早自身はそういう気持ちはなかったにしても、第三者、しかも頭のいい太一からの指摘だから的を射ていたのだろう。

    それが、今回、札をイメージとして見ることができるようになり、初期暗記が大幅に効率化したための結果なのだろう。

    その勝負をやはり陰からのぞいていた奏。
    それに気づいた千早、奏に声をかける。
    「奏はすでにかるたと友達になっている、競技かるたではかるたと友達になることが大切、それを奏は既にできているのだから強くなる」と…

    心がグイイッと動かされた奏は、入部に二つの条件を付けた…それは…

    一つは奏の実家の着物のモデルに千早になってもらうということ(笑)
    いやぁ、最初に会ったときに、実家の経営が厳しくてモデルも雇えないと嘆いていたから、まぁ千早がモデルをやることは確定事項として見ていたんだけどね。
    千早、意外と着物も似合うのよねぇ、笑顔が輝いてるわぁ。

    そしてもう一つは、試合のときに全員袴を着るということ。
    もちろん千早は持っていないわけだが…奏はレンタルすると、レンタルすると!…商売人め(笑)

    太一は太一で、モデルをした千早のパンフレットに興味深々(笑)

    無事に三人目が入部をしたかるた部、次はどんな人物が入ってくるのやら。
    結構、いいキャラクターがそろってきてますねぇ。

    なにより奏ちゃん、制服だと胸が…(笑)
    ついでに、色々細かそう、まず掃除なんかして、基本は宮廷のものだからって。
    競技者というよりもマネージャー的な感じかな。
    やっぱり、経験者じゃない限りそうそうは入り込めないディープな世界だもんねぇ…

    ともあれ、今回も仲間一人追加だけでなく、黒い文字ではない詩に描かれている風景もあるという勉強になる回でした。
    ちょうど、「詩是無形畫」という言葉を知ったばかりだから新鮮だったわぁ。
    意味は「詩は造形されない絵画である」ということですってよ、奥様。

    次回もとっても楽しみです!!




    アニメイトオンラインショップ
    三井住友カード

    ベン・トー 5話視聴感想 う~ん、ちょっと飽きてきた感じが否めない…これからの抗争でどう盛り上がれるのか!? 

    ベン・トーの第5話「北海道の鮭を使ったあら汁326kcal」である。

    今回はちと面白みに欠ける回でしたな…
    佐藤ら西区にモナーク率いる東区が攻め入ることが判明した回でした。

    佐藤や槍水、白粉は東区のスーパーで北海道展をやっているということで足を延ばす。
    その前に、佐藤は著莪に呼ばれていたので、著莪の学校へ。

    そこで、警備員に止められ単一電池を入れたるのどうのこうのと…
    ここはいらないくだりだったよね。
    正直、佐藤の服がとられて、白粉の制服を着ても別に面白くなかったのが残念だ。

    新キャラ、あせびは今後も絡んでくるのだろうか?
    周りに不幸を振りまく、超不幸体質らしいけれど…
    今回はその紹介で終わりだったね。

    そして、東区のスーパー。
    前回の色男も出ていたが、どうやらモナークの犬となり下がっているようだ。
    一応佐藤をライバルと認めているみたいだけどね。

    槍水と著莪、そして漁夫の利で白粉は半額弁当をゲットするが…
    佐藤には怪しげな集団が取り囲み、動きを封じられる。
    そこへ現れる、モナーク。

    佐藤をどうやら開戦ののろしとするための生け贄とするようだった。

    そして、スーパーのバックヤード…
    気がついた佐藤は、半額神の行為で弁当にありつくことができたが。

    そんな感じで、ちょっと冗長だったためなんだかあまり面白くなかったなぁ。
    佐藤の変態具合もあまり面白くなかった(残念)

    ちょっと弁当だけで抗争するのに無理が出てきたというか、飽きてきたというか…
    今後もう少し頑張ってほしい!!

    次回は「特製ザンギ弁当795kcal」である。




    アニメイトオンラインショップ
    三井住友カード

    たまゆら ~hitotose~ 6話視聴感想 きました麻音回!口笛の知られざる歴史(笑)和みだね♪ 

    たまゆら ~hitotose~の第6話である。今回は二本立て♪

    「それはいつかの日のこと、なので」
    1999年、大崎下島。
    自作の絵本を作った麻音は、誰もいないところで朗読。
    恥ずかしがり屋だから人がくると止めちゃうのね。
    見晴らしのいいところで読んでいると隣に女の子、楓じゃないか!?
    どうやら、祖父のところに来ているらしい。
    そうだったね、大崎下島にいたね。
    朗読聞かれて恥ずかしかった麻音だけれど褒められてちょっと嬉し。

    そこへ、二人組の元気な女の子が登ってくる。
    麻音の実家の旅館に泊まっている二組の家族の女の子たち。
    どうやら麻音と同じ年らしいが…
    見れば、かおるとのりえじゃん(笑)
    のりえ、この頃から超元気。

    疲れたかおるが下りたいと言い、まだ登りたいというのりえと引っ張り合いに。
    拍子、手が離れて尻もちをつくのりえ、泣き出しちゃった。
    つられてかおるも、楓まで。

    そんなみんなを励ましたいと、ここに上る前に、女の人が吹いていた口笛をまねて。
    ここから麻音の口笛人生(?)がはじまったんだねぇ。

    まだ、知りあう前の四人の過去であったとさ♪
    えーっと、みんな4~5歳くらい??

    「そしてある日のこと、なので」
    そしてある日のことなので…
    2009年、どうやら中学2年生らしい。
    麻音は一人で竹原に来ているみたい。
    中学から一人とは…

    内気なのは変わらず、あまり友達もいないみたい。
    そこで、ももねこを見つけ追いかけていくと…

    ボーっと海を見ているのりえ、の頭の上にのるももねこ(笑)
    ももねこはここまで。

    どうやら、中学2年生になったばかりで同じクラスになってたみたい。
    二人で下校。
    どうやら、のりえはスイーツ(まるごとかぼちゃプリン)を意中の人につくっていったら、甘いもの嫌いだったらしく…
    それで拗ねて、海を眺めていたみたい。

    二人で海辺へ。
    何気なく、気持ちを口笛に乗せて吹いてみる麻音。
    「海がステージになったみたい…」とのりえ。
    なんと、麻音が感じていたことと同じ。
    悉く、麻音が感じて口笛を吹いたことを充てるのりえ。
    ここから始まっている物語なんだなぁ。

    というわけで、ほのぼの~っと麻音回でありました♪
    中では一番のお気に入りのキャラクターなので楽しんで視れましたぁ~

    そんなに、面白い!ってアニメじゃないんだよ、本当は。
    でもね、なんか視ちゃう、視たくなっちゃうんだよ、疲れてるとさ。
    そんなアニメ、好みは二分するだろうなぁ。何度も言ってるけど(笑)

    でも、もう一歩グイっと入らないのは何なんだろうなぁ…
    あまりにも現実離れした、女の子だらけだから??
    まぁ、深く考えるものでもないか(笑)

    次回は「竹灯りの約束、なので」である。




    アニメイトオンラインショップ
    三井住友カード

    未来日記 5話視聴感想 一気に物語が進んだね!6人の日記所有者が一ヶ所に集まりそして… 

    未来日記の第5話「ボイスメモ」である。

    「選んでユッキー、6thを選んで死ぬか、私を選んで生き延びるか…」

    今回は、予想どおりめまぐるしく動く急展開でしたな!
    一ヶ所に6人もの日記所有者が集まり、結果として2人の日記所有者が消える…

    さて、御目方教の6thの過去が語られるわけだが…
    両親が自分を教祖に見立て開いた宗教でも、それなりに6th椿はは幸せだった。
    しかし、とある不慮の事故により両親だけが亡くなり、不穏な人物が権力を持ってしまったためさらに怪しげな宗教へと変わってしまったらしい。
    その中で生き残った椿だけは凌辱され、世界そのものを怨むようになってしまったようだ…

    逃げる由乃と雪輝。
    雪輝は由乃の事が完全に信頼できず、6th椿までも救おうと一緒に逃げる。
    この窮地じゃ、何を信じていいのか、自分すら信じられなくなるのもわからないでもない。
    あまりの出来事に巻き込まれてしまっているわけだから。

    そんな中、信者の催眠術が解ける…

    それは地下牢にいた12thの平坂が自分のデッドフラグに気付いてのことだった。
    いやぁ、12thはなかなか面白くて好きになったなぁ。
    ゴミを拾う、変な動きをする、でも正義の為には自分をも捨てる…
    実はものすごくいいやつなんだよなぁ。
    自分のデッドフラグに気づいた後は、9thに鍵を渡しているし。

    そして逃げてあと一歩で正門というところ…
    6thの椿が、信者も復活したしここで向かい撃つことを提案。
    そこへ12th登場!!5人の戦隊を組んで現れる!!5色の煙幕付き、芸が細かい(笑)

    12thの目的は、ただ一つ。
    6thの椿だけであった。
    爆弾を飲み込んだ6thを由乃の機転でなんとか倒すものの…

    12thの正義通り、6th椿は雪輝と由乃を捕らえる。
    どうやら、9th等を一網打尽にする予定だったが、12thの介入で計画が狂っていたらしい…
    やはり、6thの目的は未来日記保有者だった。

    由乃の機転で雪輝は、由乃の雪輝日記とともに逃げることに成功する…
    しかし由乃は捕まり、雪輝をおびき寄せるために凌辱されそうになるが。
    雪輝は思いを巡らす、由乃は本当にただ自分のことが好きなだけなのだ、かなり異常ではあるが、その芯にある気持ちだけはこれまで全く揺らいでいなかったことに気づく。
    そして、由乃を助けに行くことを決心する!

    いやぁ、あんな状況じゃ信じろというのは難しいけれども、これまでの雪輝への行動を思い返せば敵でないことは明白、むしろ本当に雪輝の為なら死ねると思っているもんねぇ。

    意を決した雪輝は、6thの前に姿を現す!!
    それは、自分で初めて由乃を助けると決めて行動した結果であった。
    日記にも雪輝のデッドフラグは立っていない、それはどのような状況であろうと雪輝が勝利することを示すものだった。
    立ち向かうことで確実な勝利となる未来。

    未来日記通り、雪輝は6thの撃破に成功するのであった。

    一方、9thみねねは4th来須に一度は捕まったが、信者に包囲されているところから逃れるために、来須とメアドを交換することで二人とも無事に逃げだすことができるのであった。

    事件一段落後、車の中で二人きりの雪輝と由乃…
    由乃は疲弊して雪輝の肩に頭をもたれて寝ている…
    そんな由乃に雪輝は、遊園地の観覧車で約束した通り、自分から由乃に口づけするのであった…
    雪輝日記「雪輝と結ばれる」が実現。

    思い出していても怒涛の一話だったなぁ。
    由乃の狂気と、それでも自分を守ってくれる由乃に何かしら惹かれるものを感じだした?雪輝。

    それにしても、斧で惨殺するシーンは結構あるのに、6thの腕を由乃がぶった切った時は何故かぼやかされていたのが笑えた。なんでそんなとこだけ。
    でも、由乃が6thの腕をぶった切っていたおかげで、雪輝は勝つことができたんだけどね。

    なんだろう、殺し合いでかなり残虐なはずな回だったのに、12thの平坂のコミカルなヒーローショーのせいでなのか、かなり面白い回となっていた。笑えたんですよ、ところどころ。
    でも6thの境遇には少々同情をしてしまわざるをえません…
    あんなことをされれば、そりゃ世界の破滅を願うと思う。

    どちらにしても、なんとか勝ち残った雪輝と由乃。
    今後、4th来須や9thみねね、そしてまだ残っている所有者とも殺し合わなければならない…
    3rdのように、ただの連続殺人犯ならば問題はないけれど、今回の6thと12thのように何かしら悲しい思いや、自分の信念、他人の為に戦っているような所有者と殺し合わなければならない理不尽さをどう乗り越えていくのだろうか。

    これからも楽しみなアニメである…
    そうそう、ムルムル先生の裏未来日記は12thでした。
    正義を実行する12thなんだけれど、常時あの目玉おやじみたいな恰好だったとは…そりゃ石も投げられるわ(笑)
    んで、お金ないけれど正義日記(ボイスメモ)を50円でムルムルに買わされているところには何故だか泣けたよ。
    だって、目が見えなくて、一人であの家に住んでいて、お金もなくて…
    12th平坂には死んでほしくなかったと、ちょっぴり悲しく思えてしまった。
    彼には本物の正義の味方になってほしかったよ…
    ちょっと変態チックだったけれど好きになったキャラクターだったぜ!

    次回は「マナーモード」である。





    アニメイトオンラインショップ
    三井住友カード
    アニメイトオンラインショップ
    化物語 バンダイチャンネル セイクリッドセブン

    おやぢ世代の必需品
    三井住友カード
    プロフィール

    くろすけ左衛門

    Author:くろすけ左衛門
    年齢:30代半ば
    性別:男(おっさん)
    住居:関西

    学生時代は漫画やアニメに
    ハマってた。
    しばらく離れてたけれど、
    最近またいろいろと興味が
    出てきた。
    時間ないけど、地道に書いて
    いくつもり。
    皆さまよろしくです。

    カテゴリ
    ★独善評価基準★
    ★×5(絶対視るべし)
    ★×4(楽しんで視れます)
    ★×3(視てもいいと思う)
    ★×2(暇なら視ていいかも)
    ★×1(視てもしょうがない)
    ★×0(視聴放棄)

    にほんブログ村 アニメブログへ
    検索フォーム
    リンクをさせていただき、拝見させていただいているサイト様
    ご意見・ご感想、相互リンクなど奇特な方がいらっしゃれば…ご連絡ください

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム
    FC2 Blog Ranking
    QRコード
    QR
    理系出身のおやぢ、英語で泣かされないために!!
    理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。